映画-etc

スコセッシのアメリカ映画史


【連続再生リストを作りました】全224分
http://www.youtube.com/view_play_list?p=86EC98329ACCC564

検索したらアップされていたので、ようやく全部観る事が出来ました。後半部分だけ、1995年の映画百年の時期にテレビ放映されていたのを録画して何度も見直してました。長いけれど、まったく飽きない。観る度に発見がありますね。
これを整理するだけで、大学の授業講義を一年間できるなぁ。
全部で3つのPARTに分かれていて、内容は、The Director’s Dilemma, The Director as Storyteller, The Director as Illusionist, The Director as Smuggler,  The Director as Iconoclastとなっている。

特にThe Director as Smuggler(密輸業者としての映画監督)の章が好き。こっそりと自分のスタイルを貫く監督たちを取り上げている。

アンドレ・ド・トス、バッド・ベティカー、アイダ・ルピノ、フィル・カールソン、…ここまで行っちゃうと、映画以外のアメリカの風俗や現在史を知らないと理解できない気がする。
ラウォール・ウォルシュ、アラン・ドワン、ジャック・ターナー、ヴィンセント・ミネリ、キング・ヴィダーをきちんと取り上げているのはスコセッシの趣味か?

最後に、他にも注目する監督として、というのでちらりと出て来た、Gregory La Cava (グレゴリー・ラ・カヴァ)、って誰ですか?
検索すると、
http://movie.goo.ne.jp/cast/42855/index.html
むむむ、1920〜1940年代の人だよー。

もうキリが無いです。

↓アンソニー・マン+ジョン・アルトンのフィルム・ノワール三部作は05:10からです。

Pocket
LINEで送る