DOFアダプター

デジイチ、スカイウォーカーランチへ行く

DOFアダプターについて調べていたときに、イギリスの撮影監督のフィリップ・ブルーム氏がいち早く様々な機種を試して、その可能性を追求しているブログと動画作品に出会った。
http://philipbloom.co.uk/
この一年程で、DOFアダプターの主流は、それまでのDIYの手作りから、日本のカメラメーカーのデジタルカメラの販売戦略、「画素競争から表現力の違いを強調する方向へ」として登場したデジタル一眼レフカメラ(略称デジイチ、英語だとDSLR=Digital Single Lens Reflex camera)の付属機能としての、動画撮影機能を利用する方法へと変わっていったように思える。
ちなみにブルーム氏もこれらのカメラを使い続けて実際にCMやMVの作品を撮影している。

そのブルーム氏のもとにルーカス・フィルムのリュック・マッカラム(『スター・ウォーズ』エピソード1、2、3のプロデューサー)から連絡が来て、彼はサンフランシスコのルーカスフィルムの本社がある、スカイウォーカーランチへ飛ぶ。

http://philipbloom.co.uk/2009/12/12/the-tale-of-lucasfilm-skywalker-ranch-red-tails-star-wars-and-canon-dslrs/

そこで、彼は自分の使っている、Canon EOS 7D、Canon5D mkII、DOFアダプターのデモをする。そしてスカイウォーカーランチで撮影した動画を40フィートの大型スクリーンで上映した。

試写会場には、ジョージ・ルーカスと、たまたまスカイウォーカーランチに来ていたクェンティン・タランティーノが同席した。タランティーノはこれがデジタル一眼レフで撮られていることに驚いたという!
タランティーノの褒め言葉がイイ。

Quentin waxed lyrical, calling it Epic and William Wylersesque and was shocked it was shot on a DSLR.
クェンティンは、こいつは詩的で、ウィリアム・ワイラーのようだぜと、熱っぽく巻仕立てた、そしてこれがデジタル一眼レフで撮られたことにショックを受けていた。

デモは大成功で、ブルーム氏は来年2月に撮影をすることになるだろうと述べている。ただし、映画ではなくTVシリーズに使われるようです。

もし、Canonの関係者の方が読んでいたら、ぜひブルーム氏にコンタクトを取って欲しいですね。彼はCanon5D mkIIのファームウェアが間に合えば使いたいと云っていますから、間に合わなくとも評価版でも使ってもらえたら。ルーカスフィルムで使われたら、これ以上の宣伝効果は無いでしょう。

それにしても、世界最高クラスの最先端の映画テクノロジーを駆使するルーカスフィルムから、10万円台で手に入るデジタル一眼レフまで繋がってしまうデジタル映画製作の時代、それまでの業界の慣習や壁を簡単に乗り越える時代が、実際に来ていることがよくわかります。

Skywalker Ranch from Philip Bloom on Vimeo.

■ちなみに、場所が関係者以外には秘密と云われているスカイウォーカーランチは、ここみたいですね。

View Larger Map

Pocket
LINEで送る