ブログ再開(仮)

デジタル世代のための テクノロジーアートとしての 映画/映像史サバイバル講座 ~ラスコーの洞窟からゴダールまで~
カメラレス・シネマと映画時空間の多次元(nD)化

長らく休眠状態だったブログを、久しぶりに再開しようと考えたのは、去年の後半くらいから、映画と映像周りの動きが活発になってきたように思えるからというのが最大の理由だ。これより前の大きな動きは、7、8年前のデジタル一眼レフだった。本格的デジタルシネマカメラRED ONEが登場し、それから数年かけて、一気に映画のデジタル化が進み、一方で高画質のデジタル一眼レフの撮影によって、プロとアマの(機材の)差が曖昧になってきた。もちろん、スマートフォンと動画サイトの普及も見逃せない動きだった。

しかし、それらの動きも一周りして落ち着くと、結局何事もなかったかのよう以前の映画製作と変わらなくなってしまった。これから先8K超の高画質が現われ普及していっても、Blu-ray超えの映像配信が行われるようになっても、個人的にはあまり興奮することはないだろう。もはや数値を争うだけの話で、そこには驚きはないと思われる。これ以上の「リアル」な映像表現を追求しても、レンズ光学的には限界に来ているのではないか、その映像が作るリアルさは、未来の映画に貢献するとは考えられないと思うからだ。

私は、映画(広義のpicture)の歴史は、ある意味では「リアル」の獲得の変遷だと考えるようになった。絵画に於いては、古代エジプトの平面的な壁画が残されているが、あれは古代エジプト人がああいう風にしか見ることができなかったとか、技法が稚拙だったからではなく、現代人の考えるリアルとは違い、立体的に描いて横から見た時に、重なって見えなくなる部分が無い方が、現実的(リアル)だと考えたからだと言われる。またルネサンスの一点透視図法も、あの時代の前から遠近法の技法は知られていたが、当時はそれがリアルとは思われなかったということだ。その後、リアルの追求は光学機器カメラ・オブスクラを使う方法にたどり着く。しかし、それが生み出したリアルの行き着く先は、写真という表現でありメディアの利用だった。その一方でレンズを通したリアルの表現に対抗して、新たにリアルの概念を変えることで、更新しようという動きが19世紀の半ばからはじまる、印象派、未来派、シュルレアリスム、構成主義などの、絵画芸術運動の数々だった。これらは自然科学だけでなく、深層心理や主観性を含めてリアルを定義し直そうとした。
Embed from Getty Images
動く写真としてはじまった映画は、サイレント時代は絵画・演劇芸術運動と相俟って、リアルとは無縁の独自表現を追求していたが、トーキーの導入と共にトーキング・ピクチャーとなり、その歩みを止めた。モーターの回転速度が一秒24コマに固定され、カメラは正面から顔(唇)を撮ることのみが正解であり、リアルという法則(約束事)が成立した。ハリウッドを始めとする映画スタジオで作られたリアルは、大量生産大量消費の時代と重なり映画は黄金期を形成した。

やがて、50年代になるとハリウッドの外側から映画表現の更新が始まる。フェリーニ、ベルイマン、黒澤は、検閲されたリアルを蹴散らし、性、暴力、夢と映画表現の枠を拡げた。この前哨戦を引き継いで更なる破壊を行ったのが、テレビとヌーヴェルヴァーグ。この二つが獲得したリアルとは親密さだと思う。それは戦後の象徴としてのネオレアリズモの社会性とも違い、戦後文化の中の身近な生活の臭いがあり、ベビーブーマー世代の若者たちの感性に多大な影響を与えた。映画ではスターになれなかったルシル・ボールが「アイ・ラブ・ルーシー」で、TVスターになったことと、NYのメソッド・システムの薫陶を受けたマーロン・ブランドやジェームズ・ディーンが登場するのは、リアルの変遷を考える上では興味深い現象だと思う。このように考えると、ヌーヴェルヴァーグは、方法論的にはテレビの影響を受けてリアルを再想像した映画の運動だっだと言えるのではないか。それは彼らと同時期にイギリスではTV出身のリチャード・レスターが反映画的なビートルズ映画を製作していたのだから。日本でも小型16ミリカメラを使ってスタッフの自宅で撮られたTVドラマ「月光仮面」も、同じムーブメントに属していると思う。

ヌーヴェルヴァーグが70年代に飛び火したアメリカン・ニューシネマでも、同様なリアルに対する現象が見られる。しかし、この場合は、現実生活ではなく、過去の偏愛的なハリウッド映画の「リアル」の読み直しとして行われる。TV出身のウィリアム・フリードキンが『エクソシスト』『フレンチ・コネクション』で、スピルバーグが『ジョーズ』、ルーカスが『スター・ウォーズ』で、古典的ハリウッド映画の再構築が行われた。合言葉は「俺たちがテレビで見たハリウッド・クラッシックをリアルに撮りたい」だった。

その後もレンタル・ビデオやCATVチャンネルの普及によって、リアルは再々構築される。クエンティン・タランティーノの登場と、インディペンデントのアートハウス系の映画の人気が同時期だったことは、リアルの描かれ方としては大差なかったと言えるのではないか。

今世紀に入って、もはや新たなリアルの発見は期待出来なくなった。それを乗り越えるために間テクスト性を利用して、架空世界のリアルなユニバースを作ることと、予定調和を避けるために、作者するどこに行くか分からない「謎」というミスリードを濫用して、リアルなハプニング性の感覚を担保することができた。VFX技術の進歩も、この文脈で評価しなければならないだろうし、3D、4DX、ドルビーアトモス、VR、AR、MRも同様に、リアルの変遷の流れのなかで考えていく必要がある。単なる見世物としてのフィクション映画の延長ではないのだ。

さて、ということで、現在の映画と映像のメディアや技術の動きを見ていると、ようやく次のフェイズに入るのかなと思えてきた。ゲームエンジンのリアルタイム・プロダクションを使ったニール・ブロムカンプのスタジオの動きや、実力は謎だが、期待度が大きいマジックリープのゴーグルの登場。VR、AR、MRは毎日のように新しい動きが見られる。これらの動きが既存の光学的なリアルの限界を越えられるのではないかと思っている。でもまだ、どういったリアルを確保する方向に行くのかは分からない。これから公開される、スピルバーグの『レディ・プレイヤー1』がどこまで近未来を指向しているのかはとても楽しみだ。『マイノリティ・リポート』では、当時考えられていた、未来の映像インタラクティブ・ユーザーインターフェイスを見せたのだから、今回もどれくらいの先を行く表現が出てくるか徹底的に情報を漁りたい。

そんなことを考えながら、忘備録と勉強ノートを合わせてぼちぼちやっていきたいと思っています。

 

デジタル世代のための テクノロジーアートとしての 映画/映像史サバイバル講座 ~ラスコーの洞窟からゴダールまで~
カメラレス・シネマと映画時空間の多次元(nD)化
Pocket
LINEで送る