マーカレスパフォーマンスキャプチャ技術の将来予想

ヴィデオゲームが映画に至る時代の忘備録
AT&Tによるタイム・ワーナーの買収は映画とネットの未来をどう変えるのか?

昔話で記憶で書くけど95年くらいかな、ようやくMacで動画を扱えるようになったので、Macintosh Centris 660AVを買って色々とRCA端子から動画を取り込んで動画圧縮を試して切手大のカクカクした動画を見ていた。もちろん不可逆圧縮だから、一回エンコードしたらそれでおしまい。時間と画像の美しさを比較するにしても、時間がかかりすぎる割にはわずか数秒のクリップしか出来ない。ああ、確かハードディスクも10MB=10,000円とか言われていた時代だからね、もったいなくて60秒の取り込みなんかできなかったし、処理が追いつかずすぐにハングアップした。

実際にエンコードして、MotionJpeg が一番時間がかからずまあまあきれいだったと思った(Cinepackが一番時間がかかったがきれいだった)。動画圧縮の仕組みもその時に一応調べたが、フィルムやヴィデオと違って、フレーム単位で考えていないので面白いと思った。前のフレームと、次のフレームの間で、どれくらいフレーム内の動き情報に変化があるのか、その差分を演算するので、最小限の能力しか使わないという合理的な方法だった。いわばアニメのセルの口や手のパーツを付け替えるだけで、全部を作画をするのではなく、枚数を省略するようなものだと思う。まあそんな時代から、今では無圧縮で膨大なデータを扱えるようになり、PCでヴィデオや映画が誰でも難なく扱えるようになったのだから、過去の試行錯誤はなんだったんでしょうね。

さて、現在4K〜8K超とカメラの解像度と進んでいくと、この先なにが起きるのだろうか。映画の魅力であるフィルム的なマジックが、高解像度で消えてしまうのではないかという意見には、ある程度同意する。では高解像度は映画になにをもたらすのだろうか。

この記事を読んで、単眼のカメラで、モーションキャプチャーと3Dが同時に構築される技術にビックリした。

リアルタイムかどうかは別として、ここまで2Dのカメラで3Dが撮影・再現できるのなら、映像(と撮影)の意味合いすら変わってしまうのではないだろうか。少なくとも現在の飛び出すだけの3Dはまがい物となることは確か。もっと細かでリアルな画面内の深度が求められるようになり、その時に必要になるのが、カメラの高解像度なのだと思う。以前に高解像度カメラはセンサーになると考えたことがあるが、それは、写るものをすべて3次元データにして座標を記録するという意味だった。今回の技術も高解像度になれば、その再現性も高まるだろう。背景との分離も容易になるはず。モーション(被写体の動き)に関しては、それほど解像度の精度は必要ないかも知れないが、表面の衣類の皺の変化や模様の再現には画像の高解像度は重要になると思う。あとハイフレームレートも動きを追うための精度の高い記録には必要になるだろう。でも動きの細かな再現は、この先物理シミュレーションを使った動き検知のアルゴリズムで行ってしまうことになるのかもしれない。ひとつだけ予想するならば、今後、撮影とVFXはますますリアルタイムの同時進行で、作業はシームレスになっていくということだ。VR撮影に一人称的な長回しカメラとは、違う方法論が見えてくるのではないだろうか。

リュミエール兄弟の発明したシネマトグラフは、撮影、現像、上映の三つの機能を持ったマシンだった。21世紀の次世代カメラは、3D撮影、(広義の)VFX、モニターが1台でできるようになるのではないか。

ヴィデオゲームが映画に至る時代の忘備録
AT&Tによるタイム・ワーナーの買収は映画とネットの未来をどう変えるのか?
Pocket
LINEで送る