Trekking: 山歩き

日和田山、物見山

風が強いが快晴の天気なので、近場の低山、日和田山、物見山を経由して鎌北湖へ下るコースを歩く。高麗神社に車を止めて南に向けて歩き出す。15分ほどで右手にコンクリートの浄水タンクが見える。その手前の有料駐車場と手書きで書かれた看板の横に、日和田山入り口という小さな看板。半信半疑でそちらに向かい、杉林の中を登ると、そこから山全体が自然公園になっていて、歩きやすい歩道がたくさん敷設されている。ここのどこかで高麗駅からのルートと合流しているようだ。のんびりと木段を登りひと山越えると、一ノ鳥居だ。

そこからルートは女坂と男坂に分かれる。左手の男坂を行く。想像していたよりも奥深い杉林が広がっていて、低山とは思えない森閑として景色が広がる。これならいつの季節に来ても良さそうだ。やがて水場(水枯れしていない)に出会い、ここから岩場になる。適当に岩を削って石段になっているので迷うことはない。けっこうきつく一気に高度を上げて行く。鎖場があると読んだ記憶があるが無かった。登るのが大変そうな場所には迂回ルートがあるので難しいところは無い。麓から30分弱で二ノ鳥居に到着。雲ひとつ無い絶景。富士山はもとより、丹沢、奥多摩、奥武蔵と全部見える。都心やさいたま市も見え、土埃が高く舞い上がっているのもわかった。眼下には巾着田の全景が見えるので、彼岸花の時季には真っ赤になるのだろう。しばらくコーヒー休憩をしていると風が弱まってきた。

すぐ上にある金比羅神社の右手をまわり、さらに岩場を上り、平らなベンチのある休憩場を過ぎると分岐点。急登を行くと日和田山(305m)。享保の年号が刻まれた大きな宝筐印塔が聳えている。視界は東側が開けている。山頂を下り、ゆるやかなアップダウンの続く縦走路を歩く。やがてアスファルトの道路に出る。右はNTTのアンテナ塔がある高指山山頂。左手の車道を歩いていくと、小さな集落があり、遠くの山々を借景にして風情があるところだ。東屋トイレや茶店もあり窓越しに景色が楽しめる。

茶店を過ぎて、すぐに右手に登山道が伸びている。この奥武蔵自然道は道幅が広く歩きやすい。汗をかくようなキツさも無い。時折風が吹き抜けるとかなり寒いが、日向は暖かく快適。

ベンチのある、物見山(375m)を過ぎると、陽の差さないところでは凍った雪が目立つようになってきた。このあたりが山の一番深いところのようだ。一度、舗装道路)を横切り、道路と並走した道を行くと、まもなく北向き地蔵に出る。ここから南側に下り、西武池袋線の武蔵横手駅に出るルートもあるが、今回は北に向かう。緩やかな下り道をひたすら行くと、やがて車道に出る。まっすぐに進むとすぐに左手に下るように指示する道標に出逢う。狭めの登山道をだらだらと下ると、鎌北湖に到着する。そこから1時間30分くらいかけて高麗神社へ戻る。

View 日和田山 in a larger map

Pocket
LINEで送る