デスクトップ・ハリウッドの誘惑

前回の投稿から、3週間ほど経ってしまったが、その間にGoogleがLytroを買収する話が持ち上がったり、 Unreal Engine4で新機能「リアルタイムレイトレーシング」が発表されたり、MagicLeapが開発者向けSDKを公開したりと、目まぐるしい変化のスピードについて行けないが、逆に言うと、ある意味この先の方向性が見えやすくなってきたような気もする。もちろん私の場合、VR、AR界全体の話ではなくて、あくまでも「映画」に限定しての話だが。

まずゴーグルのコードレス一体化、高画質化、ライトフィールド技術によるリアルさの追求。そして敢えて今はVFX合成のリアルタイム性と言っておくが、要はヴァーチャル・リアリティ世界の現実化。物質的なリアルさと仮想的なリアルさが近づくことで、映画/映像制作の壁が取り外される。これまでの、プリプロダクション、撮影、ポストプロダクション作業が、区別なく一体になっていくだろう。そしてこれらの作業の民主化あるいはコンシューマー化は、デジイチがインディーズから中規模映画製作のワークフローを変えたように、現在の大規模予算ハリウッド・ブロックバスターとシームレスになっていくことが考えられる。それを映画のゲーム化と呼ぶのか、ゲームの映画化どうかは分からないが。

大状況は、リアルさを軸として推移していくのだと思う。映像をキャプチャ(インプット)するためのツールはカメラだが、切り取るのではなく、あくまでも空間全体を記録するものになるだろう。撮影が不必要になるのではなく、撮影者はこれまで以上に、プリプロとポスプロに係るようになるはずだ。そしてVR時空間内を、ARカメラで撮影するのだろう。これらを統合するシステムがゲームエンジンになる。いわば映画を撮影するスタジオと、絵コンテやセットを作成するプリプロ、編集や音響ダビングを行うポスプロまで全部一緒になったヴァーチャル空間で、一気通貫生産方式が可能になるはずだ。謂わばあらゆる場所で(もしかしたらクラウドか)、デスクトップハリウッドが出来上がる。映画製作からグリーン・バックが消えた時が、その完成の時だと考えている。同時に映画が二次元から解放され、もっと自由な存在に瞬間になるだろう。

Embed from Getty Images

追記:リアルタイム・レイトレーシング技術について開発者のインタビューが掲載された。レイトレーシング技術そのものは、CGをフィルムのようなリアルに見せる手法(フォトリアル)として使われていたが、リアルタイムになることが大きいと言う。未来の映画制作にインパクトを与えるだろうと予想している。上段のブログ記事に書いたようなことが起こるのだろう。ILMxLABでは、没入型(VR環境)のリアルタイム・ストーリーテリングの方向性を探っているようだ。

また『レディ・プレイヤー1』でモーションキャプチャーに採用されたVicon社は、Unreal Engine4を使ったリアルタイム・モーションキャプチャーのデモを行った。

Pocket
LINEで送る