デジタル世代のための テクノロジーアートとしての 映画/映像史サバイバル講座 ~ラスコーの洞窟からゴダールまで~

2012年12月から2013年9月まで断続的に6回にわたり、現在は活動を休止しているKINEATTICさんと「デジタルシネマ・サバイバルハンドブック」と題し、映画/映像のテクノロジー史について毎回60〜100分の講義をしました。少し時間が経ちましたが、Ustream中継録画を書き起こしたpdfファイルを公開します。本文中に写真を挿入しましたが、当日のスライドを併せて見たほうが理解しやすいかもしれません。文章の細かい再編集作業は行っていないので、語尾の不統一や内容の重複がありますがご容赦下さい。改めて読み直すと、その後、情報が更新されたために、現在では考えが変わった部分もあり、大幅に加筆したい気もありますがキリが無いので、当時のままの記録の報告として残し、とりあえず一段落付けたいと思います。余り語られることのない映画史のもうひとつの流れとしてお読み頂けましたら幸いです。

 

pdfファイル

講義資料スライド(Slide Shareのページへ飛びます)

Part.1 Part.2 Part.3 Part.4 Part.5 Part.6

 

目次

Part.1 映画史100余年、創造的破壊のためのレッスン 2012/12/05収録

はじめに  わたしのプロフィール  プロシューマーの時代が訪れる  クリエイティブは二十一世紀の産業  映画は自由になりたがっている  次世代の映画は誰が作るか  技術と技法の映画史を知る意味  テクニックとスキルの問題 アルチザンとアーティスト  新しい教科書、サバイバルハンドブック  「秘密の知識」が教えるもの  ヌーヴェルヴァーグと印象派  80年代映画ビデオ革命が語りかけるもの  フィルムからデジタルへ、無限の可能性

Part.2 第1部 そして映画はゼロ年に至る 2013/02/07収録

技術と技法の見えない映画史  リバースエンジニアリングの手法を使う  映像から映画への連続性 聖と俗のまなざし  魔法の幻灯機、マジックランタン スペクタクル(見世物)と万国博覧会  写真から映画へ  トーマス・エジソンとスティーブ・ジョブズ  リュミエール兄弟のスマホ=シネマトグラフ  テクノロジー・イノベーションの臨界点  テクノロジー主体のアートの宿命 

Part.2 第2部 われらが内なるハリウッド 2013/02/07収録

サイレント映画の美学  ビジネスとしての映画の完成  イメージコントロールの帝国 

Part.3 ヒッチコック/ウェルズ 2013/03/18収録

煉獄の中の自由あるいは生き残るためのレッスン  見えない映画のサイクル  ハリウッドは夢のブラック企業か  二人の天才、変化し続けるスタイル  運命のライバル サスペンス映画の巨匠  自由からの逃走  子どもが喜ぶ大きな機関車  ハリウッド映画の本質を暴き出した『市民ケーン』  ハリウッドの実験映画作家  国際自主映画作家  規格外のB級映画、『黒い罠』と『サイコ』 テクノロジーとテクニックで制約を越える  映画史上の最高のオープニングシーン  早すぎた未来の傑作映画  シャワーシーンの作者は誰か  新しい時代の預言者としての映画作家  天才の晩年 

Part.4 七〇年代アメリカン・ニューウェーブとアーティストスタイル 2013/05/15収録

ソフトウェアでハードの限界を超える  見えない映画のサイクル  絢爛豪華、テクニカラーの時代  ヨーロッパからの波  テレビ電波という波  クロサワショック  世代交代、アルチザンからアーティストへ  汚しと反逆者  ニューカラー派の勃興  光と色彩で描く  完璧主義のニューヨーカー  孤高の技術者キューブリック  自然光のパレット  堕ちたアーティスト  ルーカスの逆襲  世界で共鳴し始めるアーティストたち

Part.5 ニホン映画TVビデオ史考 2013/07/29収録

見えない映画のサイクル  伝説から真実へ  日本が世界に誇る撮影監督、宮川一夫  巨匠たちとの共同作業 黒沢明 溝口健二 小津安二郎 市川崑 黒沢明ふたたび  テレビの考古学  ライブからパッケージへ  テレビと日本映画 テレビマンユニオンと状況論  ENG革命  8ミリ映画ブーム  消え行く境界線  『お葬式』以前と以後 ハイビジョンとマルチメディア  Vシネからデジタルビデオへ  融合するテクノロジー

Part.6 ジャン=リュック・ゴダール 映画ビデオ技術の宇宙誌 2013/09/26収録

映画史と映画誌  見えない映画のサイクル  ゴダール伝説による時代区分  ゴダールを再定義する  五〇年代、暗闇での映画作り  六〇年代、映画技術と技法の実験  七〇年代  テレビとビデオの実験  辺境とスタジオ経営  アメリカ大陸への亡命  音と画の考察  あるカメラの物語と複数の映画史  九〇年代、インターネットとデジタルの実験  映画は自由になりたがっている 

Pocket
LINEで送る

UnknownHollywood #9 アフタートーク

2016年4月124日開催の「知られざるハリウッド・クラッシック」アフタートーク­­。­テーマは「名探偵、聖林に現わる」。当日の上映作品は­ブルース・ハンバーストン監督『チャーリー・チャン オペラ劇場の殺人Charlie Chan at the Opera』 (36)

Pocket
LINEで送る

UnknownHollywood #8 アフタートーク

2015年10月18日開催の「知られざるハリウッド・クラッシック」アフタートーク­­。­テーマは「ハリウッドホラー〜影のポップカルチャーの正体」。当日の上映作品は­ジ­ョン・ブラーム監督『戦慄の調べ』Hangover Square」(45)

PART.Ⅰ当日のプログラムの解説 00:00
PART.Ⅱ「ハリウッドホラー〜影のポップカルチャーの正体」
1.ハリウッドホラーの起源と発展 17:24
・B級ホラー映画に対する誤読
・未知の恐怖から内なる恐怖へ
・第二次世界大戦の影
2.ポップカルチャーとしてのホラー映画40:58
・ティーンエイジ・カルチャーとモンスター
・再生産/再消費され続けるホラーという闇
・ハリウッドのオカルト=ニューエイジ的風土

Pocket
LINEで送る

FiLMiC Proからのデータ取り出し

iOSのヴィデオ録画アプリFiLMIC Proで撮影したデータが、IPhone内で作動しなくなり困ったが、ネットで情報を探して復旧できたのでまとめておきます。

基本データ:

iPhone6Plus 64GB iOS9.0.2

FiLMIC Pro5.0.2

ムービーデータ 14.65GB (1920☓1080)約60分

状況:

FiLMIC Proで録画後のムービーデータ確認中に、データが大きすぎると思いデータ圧縮ボタン(Downsample Clip)を押す。しかし時間がかかり作業がどれくらい進んでいるか分からないときに誤って、アプリを終了してしまった(ホームボタンを2度押してサムネイルを上にスワイプした)。

その後、FiLMIC Proを改めて起動したがすぐに終了してしまい操作が何もできない。IPhone本体を再起動しても状況は変わらない。FiLMIC Proを一旦削除して再ダウンロードしても同じこと。

iPhone本体からデータを取り出すのは難しいので、iTunes経由で移動させることにする。

対策:

最初にiTunesにムービーデータを同期させておくこと。

iPhone本体をケーブルを介して、PC(iMac)のiTunesに接続する。

左上のメニューボタンから、iPhone > 設定 Appを選択。

名称未設定

画面を下にスクロールすると「ファイル共有 以下のAppでは、iPhoneとこのコンピュータとの間で書類を転送できます。」が現れるので、FiLMIC Proのアイコンをクリックして、ダウンロードしたい.movファイルを探して選択する。

名称未設定 2

さらに画面を下にスクロールすると、「保存先…」のボタンが現れるので、保存場所を選択してPCにムービーデータをダウンロードをする。

名称未設定 3

ダウンロードしたデータをムービー再生アプリで確認すると、データの破損は確認されなかった。

教訓:

トラブルの際にムービーデータを取り出しやすくするためには、FiLMIC Proの設定で「カメラロールとの同期」を選択しておいたほうが良いと思う。そうすればiPhone本体の別のムービー編集アプリやファイル転送アプリから開くことができるかもしれない。

 

 

Pocket
LINEで送る