メインストリーム――文化とメディアの世界戦争

フランスの文化外交官の著者が書いた前作『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、2009)では、わたしたちの想像するイメージとは違うアメリカの文化政策の姿を分析して大いに驚かせたが、その視野を世界中に広げ千人以上の取材を重ねて書き上げた本作は2010年に発行された。

時期的にMyspaceが流行り、YouTube、Facebook、Twitterの記述が殆ど無いのでその点は不満だがそれ以前の世界のメディアの概況が大いに理解できる。主にハリウッド映画、ポーリン・ケイルからオプラ・ウィンフリーまで。モータウンからラティーノ音楽産業、南米のテレビ産業、ボリウッド、中国の新市場の立ち上がり、K-popと日本の文化政策、アルジャジーラ、ヒズボラからサウジアラビアの王子などの中東のメディアへの投資、立ち遅れる東欧の事情、ネットの発展でメディアの南南貿易が広がるアフリカと、西欧以外の事情はほぼ包括的かつ現場の具体的な声まで入っている詳細なレポートだ。

私が一番興味深かった部分は、20世紀に半ばまでメディア文化を支配していたハイカルチャーとローカルチャーという分類が、前者が揺るぎない歴史と輸入された文化であることに対して、後者がローカルな刹那的な大衆文化であった、その価値観がカルチュラル・スタディーズの導入で崩れていく。そしてハイとローの区別が明確でなくなりすべてがサブカルチャーとして処理されるようになる。そして次の若い世代はそこに現れたメインストリームの文化を自らのアイデンティティとしていく。コカコーラ、ハリウッド映画、MTVというアメリカナイズされたものを無意識のレベル近くまでローカライズして楽しむことになる。それが文化慣習に根付いたコメディや生活圏と融合してTVドラマやポピュラーソングとなっていく。一方のハイカルチャーの名残はアカデミズムと文化政策により保護されるアートになっていく。しかしグローバル化とともに輸出できるコンテンツとしてもう一度見直すると、国民に人気があるハリウッド型ドメスティック文化は売り物にならず、外国ウケする(架空の)アイデンティティを持った国民が知らないようなコンテンツが海外に出回るが市場にアピールせずに終わる。そして結局は本場のハリウッドやアメリカのテレビや音楽が依然として世界のメディアを席巻することになる。ここで再びボードリヤールが浮上してくるのも皮肉なような気がする。

この二重三重のねじれがまさに国民国家の幻想と重なっているのだ。ローカルなものをグローバル化するときにナショナリズムをどのように解消するか、まさに日本や韓国のメディア産業が苦しんでいる正体がわかるような気がする。またこれまで南北のハブであった都市の役割がネットや衛星で変わることを示唆する。これまでのアフリカの音楽や文化は、ロンドンやパリ経由でアフリカの別の国に普及していたが、ネットの普及でアフリカ域内で直接貿易が起こるようになった。そのためにヨハネスブルグが新たなハブとなった。そこにハリウッドや音楽産業はスタジオや人材教育の力を入れてきている。

作者は西欧の停滞を嘆き自国の文化を活性化することを促す。それは偽善的な文化の多様化を訴えるのではなく、本当に自国の移民二世三世の文化との融合を目指し真の文化の多様化による再生を目指すべきだと指摘する。

個人的には、これらの正式ルートに加えて「海賊版」が生み出すクレオール文化の可能性にも期待したい。ハイ、ロー、サブを越えるアンダーグラウンドな文化の発展はここにあると思いこれからも注目していきたい。


Pocket
LINEで送る