iPhone5Sで撮られたインディーズ映画『TANGERINE』

tangerine_0

今年のサンダンス映画祭で最も話題になった低予算インディーズ映画『TANGERINE』は、ロサンゼルスのセックスワーカーをめぐるコメディ。この映画は全編が3台のiPhone5Sで撮影されている。撮影では、16:9のHD画角をよりワイドにするために、アナモフィックレンズ(1:2.35)を開発のためにキックスターターで資金を集めていたMoondog Labsからプロトタイプを借りた。現在は製品化されているが注文が殺到しているようで買うことが出来ないようだ。iPhoneのレンズは広角の24ミリなので奥行きやボケよりフラットな画面を選択できた。

iPhoneのカメラアプリは、FiLMiC Pro。設定のマニュアル操作がかなり細かくできる。手持ちでブレを寡くするためにスティディカムスムージー(Steadicam Smoothee)を使用した。

B9nVK3SIUAACdlE

編集はFinal Cut Pro、色の仕上げはDaVinci Resolveでフィルムルックを作り上げた。作品はアメリカのインディーズ映画配給会社、マグノリアピクチャーズが買い付けて公開する予定だ。

<参考>

ASC「American Cinematogragher」2015.Feb

The Feature Film That Blew Everyone Away at Sundance Was Shot on an iPhone 5s

How one of the best films at Sundance was shot using an iPhone 5S

Pocket
LINEで送る

「Les Trois Désastres」

オムニバス映画『3x3D』のゴダールパートの3D短編「Les Trois Désastres」

「3D映画」ではなく、「映画の3D(三次元)」の歴史についての考察が為されています。この作品だけで3Dについて実験作というだけでなく、十分に完成しているのではないでしょうか。『さらば愛の言葉よ』を見る前に予習として見ることをおすすめします。

Pocket
LINEで送る

Alfred Hitchcock: A Life in Darkness and Light

これまでもアルフレッド・ヒッチコックについては、多くの伝記や逸話、映画の製作方法の書籍が数多く出版されてきている。中でもドナルド・スポトーの「ヒッチコックーー映画と生涯」は原題が“天才のダークサイド”であり、ヒッチコックのスキャンダラスな面が描かれて反響を呼んだ。ヒッチコックと親しかった人の中には憤慨した者もいたという。本書はある意味これに対する反論であり応答でもある。スポトーが書いたが証拠や証言が不明瞭なものは取り入れず、丹念に資料やインタビューなどこれまで公になった記録を叙述して客観的にヒッチコックの行動を明らかにしている。驚くべきはシナリオの作り方だ。ヒッチコックは脚本のクレジットには名前を載せないが、シナリオライターと綿密に仕事をする。毎日の打ち合わせでは突拍子もない視覚的なシーンのアイディアを出し続ける。あるときは前日とは矛盾することも平気で言う。ある程度アイディアが溜まったら、それをシナリオライターが筋道の通るストーリーや親しみのあるキャラクターに直し洒落たセリフへと膨らまして書き直していく。ヒッチコックにとってシナリオライターは最大の敵であり味方でもあったのだろう。数多くのシナリオライターを起用しては次々と乗り換えていく。『裏窓』『知りすぎた男』『泥棒成金』といった50年代の名作を書いたジョン・マイケル・ヘイズとは仲違いをしてしまったが、ヘイズの功績が大きかったことは言うまでもないだろう。その一方で、その後も『北北西に進路を取れ』『めまい』『サイコ』とちがうライターと続けてヒット作を生み出したヒッチコックの力量も素晴らしい。またヒッチコックをハリウッドに呼んだプロデューサーのセルズニックは、『風と共に去りぬ』で燃え尽きてしまって、ヒッチコックを他社に貸し出してばかりいた。それを繰り返していくうちにヒッチコックはハリウッドの事情を知り、プロデューサーとしての力をつけていったことがよくわかる。セルズニックではなく『海外特派員』を製作したウォルター・ウェンジャーとチームを組んでいたら、それはまた別のヒッチコックのフィルモグラフィーになっていただろう。本書はヒッチコックの映画や書籍を読むときに欠かせない辞書のような存在として手元に置くとより作品が楽しめるだろう。私は「ヒッチコックーー映画と生涯」と「映画術」と併読して楽しみました。

Pocket
LINEで送る

メインストリーム――文化とメディアの世界戦争

フランスの文化外交官の著者が書いた前作『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、2009)では、わたしたちの想像するイメージとは違うアメリカの文化政策の姿を分析して大いに驚かせたが、その視野を世界中に広げ千人以上の取材を重ねて書き上げた本作は2010年に発行された。

時期的にMyspaceが流行り、YouTube、Facebook、Twitterの記述が殆ど無いのでその点は不満だがそれ以前の世界のメディアの概況が大いに理解できる。主にハリウッド映画、ポーリン・ケイルからオプラ・ウィンフリーまで。モータウンからラティーノ音楽産業、南米のテレビ産業、ボリウッド、中国の新市場の立ち上がり、K-popと日本の文化政策、アルジャジーラ、ヒズボラからサウジアラビアの王子などの中東のメディアへの投資、立ち遅れる東欧の事情、ネットの発展でメディアの南南貿易が広がるアフリカと、西欧以外の事情はほぼ包括的かつ現場の具体的な声まで入っている詳細なレポートだ。

私が一番興味深かった部分は、20世紀に半ばまでメディア文化を支配していたハイカルチャーとローカルチャーという分類が、前者が揺るぎない歴史と輸入された文化であることに対して、後者がローカルな刹那的な大衆文化であった、その価値観がカルチュラル・スタディーズの導入で崩れていく。そしてハイとローの区別が明確でなくなりすべてがサブカルチャーとして処理されるようになる。そして次の若い世代はそこに現れたメインストリームの文化を自らのアイデンティティとしていく。コカコーラ、ハリウッド映画、MTVというアメリカナイズされたものを無意識のレベル近くまでローカライズして楽しむことになる。それが文化慣習に根付いたコメディや生活圏と融合してTVドラマやポピュラーソングとなっていく。一方のハイカルチャーの名残はアカデミズムと文化政策により保護されるアートになっていく。しかしグローバル化とともに輸出できるコンテンツとしてもう一度見直すると、国民に人気があるハリウッド型ドメスティック文化は売り物にならず、外国ウケする(架空の)アイデンティティを持った国民が知らないようなコンテンツが海外に出回るが市場にアピールせずに終わる。そして結局は本場のハリウッドやアメリカのテレビや音楽が依然として世界のメディアを席巻することになる。ここで再びボードリヤールが浮上してくるのも皮肉なような気がする。

この二重三重のねじれがまさに国民国家の幻想と重なっているのだ。ローカルなものをグローバル化するときにナショナリズムをどのように解消するか、まさに日本や韓国のメディア産業が苦しんでいる正体がわかるような気がする。またこれまで南北のハブであった都市の役割がネットや衛星で変わることを示唆する。これまでのアフリカの音楽や文化は、ロンドンやパリ経由でアフリカの別の国に普及していたが、ネットの普及でアフリカ域内で直接貿易が起こるようになった。そのためにヨハネスブルグが新たなハブとなった。そこにハリウッドや音楽産業はスタジオや人材教育の力を入れてきている。

作者は西欧の停滞を嘆き自国の文化を活性化することを促す。それは偽善的な文化の多様化を訴えるのではなく、本当に自国の移民二世三世の文化との融合を目指し真の文化の多様化による再生を目指すべきだと指摘する。

個人的には、これらの正式ルートに加えて「海賊版」が生み出すクレオール文化の可能性にも期待したい。ハイ、ロー、サブを越えるアンダーグラウンドな文化の発展はここにあると思いこれからも注目していきたい。


Pocket
LINEで送る