カテゴリー: 映画本-お

映画本-お

女の足指と電話機 回想の女優たち

虫明亜呂無氏の映画、舞台などのエンターテインメント評集。またはエッセー集。 虫明氏の映画評は、紹介されている映画そのものより遥かに面白い。彼自身が寺山修司や篠田正浩、石岡瑛子と交友関係があり、ちらりとそのあたりの話も出て …

映画本-お, 映画本-し

女優 岡田茉莉子

すべて自筆というので、どんなタレント本に仕上がっているかと危惧していましたが、なかなか読み応えがある文章になっていました。さすが文芸春秋社、よい仕事をしています。 何度も出てくる言葉、「岡田茉莉子が岡田茉莉子という女優を …

映画本-お, 本-お

おそめ―伝説の銀座マダムの数奇にして華麗な半生

東映仁侠映画のプロデューサー、俊藤浩滋の妻であり、伝説の銀座文壇バー「おそめ」のマダムの生涯を描いたノンフィクションです。 「仁侠映画伝」では、俊藤があっさりと自伝の一部として語っている部分が、この本に描写されると、おそ …

映画本-お

王になろうとした男 ジョン・ヒューストン

王になろうとした男 この本を読む前の知識で、彼の経歴について書いてみると「名優ウォルター・ヒューストンの息子で、ボクサーなどの職を転々として、シナリオ・ライターになり『ヨーク軍曹』でアカデミー賞。『マルタの鷹』で監督デビ …