a Diary: 日記

Jobsの野望(妄想日記)

AppleTabletがどんな形でど んな機能になるかは瑣末な問題だと思う。Jobsが最近やってきたことは、「既存の業界(音楽、携帯電話、パソコン、アニメ映画)を破壊する」ことであ り、そのためには、ハードとソフトによって、ユーザー体験をまったく新しいものにするところにある。

となると、次は本か、テレビか、ゲームか?その時にどういう体験をさせてくれるのか?Tabletの性能なんかは、いまできることは他のメーカーと変わらないし、デザインもiPhone型以外に考えられないと思うし。対Amazon、対ネットワーク局、対任天堂には何を持ってくるのか?

分からないねえ。単なる薄型Tabletだけだったりして…。過去にはMacAirやAppleTVというのもあったしね。どちらにせよ、iTuneで何がダウンロードできるかが鍵だと思うのだけど。

もしかしたら、この記事のように、新聞、雑誌の有料化かもしれない。新聞や雑誌の読み方をデザインし直し新たな方法で提供する。それができれば、ニュースの無料配信にトラフィックを依存していたGoogleには大打撃だし、逆にAppleは一挙に世界最大のメディア企業になる。

What an Apple tablet would mean for publishing

(大金持ちで私企業の経営者)である反逆児 のJobsが、インターネットの混沌を収束させ秩序を作り、ネット上のすべての情報に値段を付けるということか。タダ乗りの時代が終わるということなのか…。不可能なこと ではないよね。わー、考えただけで毛が逆立つ。確かに彼の野望の実現のために残された分野はそこのような気がする。

Googleの影響力が小さくなると、 Microsoftが喜び、Amazonは、Appleのやり方に従うしかなくなる。メディアは、Appleによって値段を決められコントロールされる が、情報を出した分だけ回収できる。AppleTabletがデジタル新聞、電話、テレビなどなどのマルチメディアプレーヤーの世界標準になる!

そうだよね、GoogleやAmazonみたいに、過去の本の著作権を個々人と交渉するよりは、メディアは寡頭化コングロマリット化しているので、マードックなどの数人のトップと交渉して、これから作られる記事などのデジタルコンテンツを有料化したほうが、カネを分配し易い。記事も一つずつ購入できるなら買う方にもメリットがある。Appleはハードの販売で儲けるのだから、コンテンツ料金は必然として下がる。

もうひとつ可能性があるとしたら、個人ブログの有料化もあるのではないか?要するに、iTuneを通じて、マイクロクレジットというか少額が個人決済できるようになる。iアプリのように。ううっ、そうやってモノが売り買い出来るようになるとe-bayまでも視野に入るぞ。OSXではなく、iPhoneOSということは、デベロッパーに自由度を与え開発を促進させる狙いがあるのだろう。

反逆児、Jobsの最後で最大の仕事が、インターネットに新しい秩序をもたらすことと考えてもいいような気がする。Google以外は誰も反対しないのではないか?Appleにとって、Googleは携帯電話に乗り出してきてからは敵 なわけだ。Appleはインターネットは利用するけれど、無秩序を奨励しているわけじゃないし、Linuxみたいなオープンさも支持しているワケじゃな い。メディアとジャーナリズムは自分たちにできない部分をAppleがやって、Googleに煮え湯を飲ませた挙句、これまでと同じ利益配分があれば万々歳だ。

そうなるとインターネットにおけるオープンとフリーの意味が変わってくる。これまで、ネットという線路にみな勝手に貨車を走らせ、無賃乗車をしたり、荷物を強奪していた。しかし、もしネットに秩序が作られるとしたら、それは列車を運行させ駅を作り切符を売り、改札を通るようにすることという喩えが成り立つのではないか。物理的には、それまでと同じことは可能だが、より快適で安全な体験が安くできるのなら、それに対してカネを支払うようになるだろう。いまは日常的に無賃乗車する人はいないだろう。それと同じことが起きるのではないか。切符の売り上げは列車を走らせるコンテンツを作る側に、Appleは駅前の値上がった不動産で儲けることができる。反対にGoogleは、沿線のあらゆるところに勝手に広告を貼り付ける仕事だけになるではないか?

もちろん、すべてがそんなにすんなりと行くとは思わないが、彼が今回のAppleTabletを「これは、私がこれまでやったことの中で最も重要である」と云っているらしいことからも想像できるのではないだろうか?
どちらにせよ、あと一日ですべてがわかる。楽しみだなあ。

追記:ニューヨーク・タイムズも同じような予測を出しています。

Pocket
LINEで送る