ブログ再開(仮)

長らく休眠状態だったブログを、久しぶりに再開しようと考えたのは、去年の後半くらいから、映画と映像周りの動きが活発になってきたように思えるからというのが最大の理由だ。これより前の大きな動きは、7、8年前のデジタル一眼レフだった。本格的デジタルシネマカメラRED ONEが登場し、それから数年かけて、一気に映画のデジタル化が進み、一方で高画質のデジタル一眼レフの撮影によって、プロとアマの(機材の)差が曖昧になってきた。もちろん、スマートフォンと動画サイトの普及も見逃せない動きだった。

しかし、それらの動きも一周りして落ち着くと、結局何事もなかったかのよう以前の映画製作と変わらなくなってしまった。これから先8K超の高画質が現われ普及していっても、Blu-ray超えの映像配信が行われるようになっても、個人的にはあまり興奮することはないだろう。もはや数値を争うだけの話で、そこには驚きはないと思われる。これ以上の「リアル」な映像表現を追求しても、レンズ光学的には限界に来ているのではないか、その映像が作るリアルさは、未来の映画に貢献するとは考えられないと思うからだ。

私は、映画(広義のpicture)の歴史は、ある意味では「リアル」の獲得の変遷だと考えるようになった。絵画に於いては、古代エジプトの平面的な壁画が残されているが、あれは古代エジプト人がああいう風にしか見ることができなかったとか、技法が稚拙だったからではなく、現代人の考えるリアルとは違い、立体的に描いて横から見た時に、重なって見えなくなる部分が無い方が、現実的(リアル)だと考えたからだと言われる。またルネサンスの一点透視図法も、あの時代の前から遠近法の技法は知られていたが、当時はそれがリアルとは思われなかったということだ。その後、リアルの追求は光学機器カメラ・オブスクラを使う方法にたどり着く。しかし、それが生み出したリアルの行き着く先は、写真という表現でありメディアの利用だった。その一方でレンズを通したリアルの表現に対抗して、新たにリアルの概念を変えることで、更新しようという動きが19世紀の半ばからはじまる、印象派、未来派、シュルレアリスム、構成主義などの、絵画芸術運動の数々だった。これらは自然科学だけでなく、深層心理や主観性を含めてリアルを定義し直そうとした。
Embed from Getty Images
動く写真としてはじまった映画は、サイレント時代は絵画・演劇芸術運動と相俟って、リアルとは無縁の独自表現を追求していたが、トーキーの導入と共にトーキング・ピクチャーとなり、その歩みを止めた。モーターの回転速度が一秒24コマに固定され、カメラは正面から顔(唇)を撮ることのみが正解であり、リアルという法則(約束事)が成立した。ハリウッドを始めとする映画スタジオで作られたリアルは、大量生産大量消費の時代と重なり映画は黄金期を形成した。

やがて、50年代になるとハリウッドの外側から映画表現の更新が始まる。フェリーニ、ベルイマン、黒澤は、検閲されたリアルを蹴散らし、性、暴力、夢と映画表現の枠を拡げた。この前哨戦を引き継いで更なる破壊を行ったのが、テレビとヌーヴェルヴァーグ。この二つが獲得したリアルとは親密さだと思う。それは戦後の象徴としてのネオレアリズモの社会性とも違い、戦後文化の中の身近な生活の臭いがあり、ベビーブーマー世代の若者たちの感性に多大な影響を与えた。映画ではスターになれなかったルシル・ボールが「アイ・ラブ・ルーシー」で、TVスターになったことと、NYのメソッド・システムの薫陶を受けたマーロン・ブランドやジェームズ・ディーンが登場するのは、リアルの変遷を考える上では興味深い現象だと思う。このように考えると、ヌーヴェルヴァーグは、方法論的にはテレビの影響を受けてリアルを再想像した映画の運動だっだと言えるのではないか。それは彼らと同時期にイギリスではTV出身のリチャード・レスターが反映画的なビートルズ映画を製作していたのだから。日本でも小型16ミリカメラを使ってスタッフの自宅で撮られたTVドラマ「月光仮面」も、同じムーブメントに属していると思う。

ヌーヴェルヴァーグが70年代に飛び火したアメリカン・ニューシネマでも、同様なリアルに対する現象が見られる。しかし、この場合は、現実生活ではなく、過去の偏愛的なハリウッド映画の「リアル」の読み直しとして行われる。TV出身のウィリアム・フリードキンが『エクソシスト』『フレンチ・コネクション』で、スピルバーグが『ジョーズ』、ルーカスが『スター・ウォーズ』で、古典的ハリウッド映画の再構築が行われた。合言葉は「俺たちがテレビで見たハリウッド・クラッシックをリアルに撮りたい」だった。

その後もレンタル・ビデオやCATVチャンネルの普及によって、リアルは再々構築される。クエンティン・タランティーノの登場と、インディペンデントのアートハウス系の映画の人気が同時期だったことは、リアルの描かれ方としては大差なかったと言えるのではないか。

今世紀に入って、もはや新たなリアルの発見は期待出来なくなった。それを乗り越えるために間テクスト性を利用して、架空世界のリアルなユニバースを作ることと、予定調和を避けるために、作者するどこに行くか分からない「謎」というミスリードを濫用して、リアルなハプニング性の感覚を担保することができた。VFX技術の進歩も、この文脈で評価しなければならないだろうし、3D、4DX、ドルビーアトモス、VR、AR、MRも同様に、リアルの変遷の流れのなかで考えていく必要がある。単なる見世物としてのフィクション映画の延長ではないのだ。

さて、ということで、現在の映画と映像のメディアや技術の動きを見ていると、ようやく次のフェイズに入るのかなと思えてきた。ゲームエンジンのリアルタイム・プロダクションを使ったニール・ブロムカンプのスタジオの動きや、実力は謎だが、期待度が大きいマジックリープのゴーグルの登場。VR、AR、MRは毎日のように新しい動きが見られる。これらの動きが既存の光学的なリアルの限界を越えられるのではないかと思っている。でもまだ、どういったリアルを確保する方向に行くのかは分からない。これから公開される、スピルバーグの『レディ・プレイヤー1』がどこまで近未来を指向しているのかはとても楽しみだ。『マイノリティ・リポート』では、当時考えられていた、未来の映像インタラクティブ・ユーザーインターフェイスを見せたのだから、今回もどれくらいの先を行く表現が出てくるか徹底的に情報を漁りたい。

そんなことを考えながら、忘備録と勉強ノートを合わせてぼちぼちやっていきたいと思っています。

 

Pocket
LINEで送る

デジタル世代のための テクノロジーアートとしての 映画/映像史サバイバル講座 ~ラスコーの洞窟からゴダールまで~

2012年12月から2013年9月まで断続的に6回にわたり、現在は活動を休止しているKINEATTICさんと「デジタルシネマ・サバイバルハンドブック」と題し、映画/映像のテクノロジー史について毎回60〜100分の講義をしました。少し時間が経ちましたが、Ustream中継録画を書き起こしたpdfファイルを公開します。本文中に写真を挿入しましたが、当日のスライドを併せて見たほうが理解しやすいかもしれません。文章の細かい再編集作業は行っていないので、語尾の不統一や内容の重複がありますがご容赦下さい。改めて読み直すと、その後、情報が更新されたために、現在では考えが変わった部分もあり、大幅に加筆したい気もありますがキリが無いので、当時のままの記録の報告として残し、とりあえず一段落付けたいと思います。余り語られることのない映画史のもうひとつの流れとしてお読み頂けましたら幸いです。

 

pdfファイル

講義資料スライド(Slide Shareのページへ飛びます)

Part.1 Part.2 Part.3 Part.4 Part.5 Part.6

 

目次

Part.1 映画史100余年、創造的破壊のためのレッスン 2012/12/05収録

はじめに  わたしのプロフィール  プロシューマーの時代が訪れる  クリエイティブは二十一世紀の産業  映画は自由になりたがっている  次世代の映画は誰が作るか  技術と技法の映画史を知る意味  テクニックとスキルの問題 アルチザンとアーティスト  新しい教科書、サバイバルハンドブック  「秘密の知識」が教えるもの  ヌーヴェルヴァーグと印象派  80年代映画ビデオ革命が語りかけるもの  フィルムからデジタルへ、無限の可能性

Part.2 第1部 そして映画はゼロ年に至る 2013/02/07収録

技術と技法の見えない映画史  リバースエンジニアリングの手法を使う  映像から映画への連続性 聖と俗のまなざし  魔法の幻灯機、マジックランタン スペクタクル(見世物)と万国博覧会  写真から映画へ  トーマス・エジソンとスティーブ・ジョブズ  リュミエール兄弟のスマホ=シネマトグラフ  テクノロジー・イノベーションの臨界点  テクノロジー主体のアートの宿命 

Part.2 第2部 われらが内なるハリウッド 2013/02/07収録

サイレント映画の美学  ビジネスとしての映画の完成  イメージコントロールの帝国 

Part.3 ヒッチコック/ウェルズ 2013/03/18収録

煉獄の中の自由あるいは生き残るためのレッスン  見えない映画のサイクル  ハリウッドは夢のブラック企業か  二人の天才、変化し続けるスタイル  運命のライバル サスペンス映画の巨匠  自由からの逃走  子どもが喜ぶ大きな機関車  ハリウッド映画の本質を暴き出した『市民ケーン』  ハリウッドの実験映画作家  国際自主映画作家  規格外のB級映画、『黒い罠』と『サイコ』 テクノロジーとテクニックで制約を越える  映画史上の最高のオープニングシーン  早すぎた未来の傑作映画  シャワーシーンの作者は誰か  新しい時代の預言者としての映画作家  天才の晩年 

Part.4 七〇年代アメリカン・ニューウェーブとアーティストスタイル 2013/05/15収録

ソフトウェアでハードの限界を超える  見えない映画のサイクル  絢爛豪華、テクニカラーの時代  ヨーロッパからの波  テレビ電波という波  クロサワショック  世代交代、アルチザンからアーティストへ  汚しと反逆者  ニューカラー派の勃興  光と色彩で描く  完璧主義のニューヨーカー  孤高の技術者キューブリック  自然光のパレット  堕ちたアーティスト  ルーカスの逆襲  世界で共鳴し始めるアーティストたち

Part.5 ニホン映画TVビデオ史考 2013/07/29収録

見えない映画のサイクル  伝説から真実へ  日本が世界に誇る撮影監督、宮川一夫  巨匠たちとの共同作業 黒沢明 溝口健二 小津安二郎 市川崑 黒沢明ふたたび  テレビの考古学  ライブからパッケージへ  テレビと日本映画 テレビマンユニオンと状況論  ENG革命  8ミリ映画ブーム  消え行く境界線  『お葬式』以前と以後 ハイビジョンとマルチメディア  Vシネからデジタルビデオへ  融合するテクノロジー

Part.6 ジャン=リュック・ゴダール 映画ビデオ技術の宇宙誌 2013/09/26収録

映画史と映画誌  見えない映画のサイクル  ゴダール伝説による時代区分  ゴダールを再定義する  五〇年代、暗闇での映画作り  六〇年代、映画技術と技法の実験  七〇年代  テレビとビデオの実験  辺境とスタジオ経営  アメリカ大陸への亡命  音と画の考察  あるカメラの物語と複数の映画史  九〇年代、インターネットとデジタルの実験  映画は自由になりたがっている 

Pocket
LINEで送る

UnknownHollywood #9 アフタートーク

2016年4月124日開催の「知られざるハリウッド・クラッシック」アフタートーク­­。­テーマは「名探偵、聖林に現わる」。当日の上映作品は­ブルース・ハンバーストン監督『チャーリー・チャン オペラ劇場の殺人Charlie Chan at the Opera』 (36)

Pocket
LINEで送る

UnknownHollywood #8 アフタートーク

2015年10月18日開催の「知られざるハリウッド・クラッシック」アフタートーク­­。­テーマは「ハリウッドホラー〜影のポップカルチャーの正体」。当日の上映作品は­ジ­ョン・ブラーム監督『戦慄の調べ』Hangover Square」(45)

PART.Ⅰ当日のプログラムの解説 00:00
PART.Ⅱ「ハリウッドホラー〜影のポップカルチャーの正体」
1.ハリウッドホラーの起源と発展 17:24
・B級ホラー映画に対する誤読
・未知の恐怖から内なる恐怖へ
・第二次世界大戦の影
2.ポップカルチャーとしてのホラー映画40:58
・ティーンエイジ・カルチャーとモンスター
・再生産/再消費され続けるホラーという闇
・ハリウッドのオカルト=ニューエイジ的風土

Pocket
LINEで送る